【クラミジア限定で検査キットを比較】検査のやり方、検査費用、病院と簡易検査キットの違いを解説します

国内のあらゆる性病の中でもダントツに感染報告の多い性病といえば・・・そう、皆さんご存知のとおりクラミジア感染症! 

それについては過去記事、【おしっこが痛い…これって性病?】膀胱炎に似たクラミジアの症状と治療まとめでも詳しくお伝えしました。

  • 排尿痛・排尿時の違和感
  • おりものの増加・変色・ネバネバ
  • 尿道付近から膿(男性の場合)

という場合、淋菌感染症や性器ヘルペス、尖圭コンジローマとならび、まず最初に疑ってみるべき性病の一つで、放置して悪化すると深刻な疾患につながるケースも少なくないです。

そこで本記事では、

なんか微妙だけど、もしかするとクラミジアかもしんない!

というアナタの気になるクラミジア検査のやり方や料金、保険適用について、そして症状が微妙な方にとって自宅でバレずに確認できる検査キットがおすすめの理由をまとめてみました。

▶▶クラミジア検査キットの比較詳細をみる

万一クラミジアの場合、放置しても治る性病じゃありません。1日でも早く対処しておきましょう!

 病院にくらべ低価格・誰にもバレずに感染を確認するならセルフチェックが最適。たぶん大丈夫という方も念のため簡易検査キットで確認しておけば安心ですよ♪

▶▶低価格な検査キットの比較ページをみる

クラミジア検査を先延ばしにすると後悔することに…

当ブログの性病体験談においても頻繁に登場するクラミジア感染症。
中でも多いのが、微妙にクラミジア的な症状がみられたものの、

忙しくて病院に行く時間もない!費用も高額!検査内容がわからないから不安!

とクラミジア検査を誤解してしまい、性病検査を先延ばしにして後悔されている方々。

因みに早期に治療を行えば薬を飲んで1~2週間で完治するクラミジアですが、放置されると

 早く診断がつけば、性器クラミジア感染症は、抗生物質できちんと治療ができます。しかし、診断されず、治療も受けずに、放置すると、女性では、子宮頚管炎から骨盤炎を起こし、不妊や子宮外妊娠の原因となる可能性があります。女性の場合、治療されない性器クラミジア感染症の40%が骨盤炎となります。
引用 横浜市衛生研究所

と治療が長引くどころか、深刻な疾患を引き起こすことさえあるんです。

そこで本記事では誤解されがちなクラミジア検査に関する疑問を一つずつ解消した上で、アナタの状態に合ったクラミジア検査をみつけていこうと思います。

クラミジア検査で多くの人が誤解している3つの部分

結論から先にいうと、数ある性病検査の中でもクラミジア検査はもっともシンプルで費用もかからない検査なのでご安心ください。

クラミジア検査の仕組みや費用、検査の流れを知ってもらえば、先ほどご紹介したクラミジア検査に関する以下の誤解、

  1. 費用が高額
  2. 検査内容が不安
  3. 病院へ行く時間がない

がすべて解消され、「おっ、早速うけてみるか」となるかと思います。順に詳しく解説していきますね。

クラミジア検査の費用はまったく高額じゃない

中には検査費用が気になって躊躇される方もいますが、クラミジアの症状や検査を受ける場所によって、思いの外、検査費用を安くおさえることは十分に可能です。

しかしその反面、症状や検査する場所選びによっては費用が高くなるケースもあるのでご注意ください。

保険は適用される!? 自費だと高額な病院のクラミジア検査

病院でクラミジア検査を受ける場合、検査の費用は保険適用になるかどうかで大きく変わってきます。

淋病、クラミジア、尖形コンジローム、性器ヘルペス、亀頭包皮炎などの性感染症は、疑われる症状があれば、検査および治療は保険診療(保険適応)となります。
クラミジア(クラミジア性尿道炎)の場合は、保険が適応されると、診察料や尿検査費用(尿中クラミジアPCR法など)も含めての費用は、合計3000円前後です。
出典 新宿駅前クリニック「性感染症の保険診療」

と、明らかにクラミジアの症状がみられる場合、保険適用できるクリニックであれば、保険適用内の検査となりお手頃価格でクラミジア検査が受けられます。

しかしながら、今現在、怪しい相手とHをしてしまっただけで、明らかなクラミジアの症状がない場合は検査は保険がきかない自費での検査になるためそれなりの金額が請求されます。

因みにすべてすべて自由診療のみというアルファクリニック渋谷さんの場合、

尿・膣クラミジア検査(SDA法)▶▶▶1項目6,000円(税抜価格)

咽頭クラミジア検査▶▶▶1項目6,000円(税抜価格)

と、保険適用の場合の2倍くらいの予算でクラミジア検査が可能なようです。

なので今の段階でクラミジアの症状がハッキリ確認できる方。そんな方はいきなり泌尿器科や性病科を受診して保険適用で検査してもらうのもアリです。

ただし健康保険を利用してクラミジア検査する場合、ごく稀に家族バレするパターンもあるので、その点も理解した上で足を運んでみましょう。

健康保険を利用してクラミジア検査すると家族にバレる可能性もある
クラミジア検査にて健康保険が適用されると、誰が・どこの病院で・どんな検査を受けたのか…という情報がしっかり記録されます。で、後に被保険者のもとに医療費通知として配送されます。このパターンで内緒でクラミジア検査を受けてバレるケースもあるので用心しておきましょう

自宅で簡易検査キットで受ける場合

自宅で行う郵送タイプの簡易検査キットの場合、クラミジア症状に関係なく金額は利用するラボによって決まっています。

シンプルに性器クラミジアのみ確認するならば費用はおよそ3,000~4,000円。クラミジア+淋菌感染症も心配という方なら2項目のセットや性器クラミジアだけじゃなく咽頭クラミジアも不安な方は性器+のどのセットもあり、自分の気になる部分を絞り込んで検査を受けられます。

なのでクラミジア感染症ぽいけど、まだ決定的な症状がみられない方。
こんな方の場合は自費診療で泌尿器科や性病科で検査するより圧倒的に郵送タイプの簡易検査キットの方がお得に確認できます。

検査内容は超シンプル! 男女別に解説します

もしかするとクラミジア検査の検査内容がわからないことが不安で検査を先延ばしにしている方もいるかもしれませんが、結論からいうとクラミジア検査は超シンプルです。

「性病検査」

というとなんとなく仰々しい雰囲気がありますがクラミジアの検査は性病検査の中でも簡単な内容なのでご安心ください。以下、男女別のクラミジア検査の流れをまとめておきます。

男性の場合は尿検査だけ

男性のクラミジア検査は本当にシンプルです。

簡易検査キットに付属しているコップの中に尿を取り、同じく付属した大きなスポイトのような容器内に尿を吸い上げ、漏れないようにキャップをしめて申込みのシールを貼って、検査申込書・問診票と一緒に返信用封筒に入れて返送すれば完了です。
Point!出始めの尿からとります。は検査申込書・問診票と一緒に返信用封筒に入れてご返送ください。

注意点として、出始めの尿の方が検査結果が正確にでるためおしっこの最初の部分をなるべく採取するようにしてください。

女性の場合も比較的かんたん

簡易検査キットに付属している綿棒を1本取り出し綿棒を膣入口から4~5cm挿入、同じ方向に7~8回回転させ、まっすぐ静かに引き抜いてください。綿棒中央の線を容器のフチに合わせ折り曲げ、容器のキャップをしっかり閉めてから検査申込書・問診票と一緒に返信用封筒に入れて返送するだけです。

咽頭クラミジアの検査の流れ

またフェラやクンニでパートナーの性器クラミジアが咽頭にうつったかも…という方は咽頭クラミジアもついでに検査しておけば安心です。

ちなみに咽頭クラミジアの検査方法は2つあり、楽ちんな上、検査精度が高いタイプが「うがい液採取」です。広範囲に採取できる上、クラミジアの検出率も高いため咽頭クラミジアもあわせて検査される方は是非うがい液採取の簡易検査キットをおすすめします。

検査方法は先ほどご紹介した尿検査が「うがい」に変わっただけで、ほぼ内容はかわりません。

病院へ行く時間がない!恥ずかしい!こんな人こそ簡易検査キット

中には費用や検査内容は理解したが、

そもそも平日に仕事を休んで性病検査を受けにいく時間もない!

という方。すでに何度も登場していますが、今の時代、性病検査の中心は病院⇒郵送タイプの簡易検査キットに移りつつあります。病院でクラミジア検査した方が安心できるという方もいますが、基本、病院でも郵送タイプの簡易検査キットでも最終的なクラミジア検査を行うラボは同じような専門のラボです。

単純に病院⇒専門のラボ、自宅から直接⇒専門のラボという流れが違うに過ぎません。病院にくらべ

  1. 低価格
  2. 誰にもバレない
  3. 好きな時間に好きな場所で検査可能

という理由で郵送タイプの簡易検査キットを選ぶ方々が増えているのです。病院へ足を運ぶ時間のとれない方や絶対に誰にもバレたくない方にはぜひ郵送タイプの簡易検査キットをおすすめします。

【クラミジア限定】コスパで選ぶ性病検査キットランキング

というわけでお待たせしました。さっそく【クラミジア検査限定】コスパ最強の簡易検査キットランキングの発表にうつります。

主要な性病検査キットの販売元さんをピックアップし、中でもクラミジア検査の金額がお手頃で、咽頭セットや淋菌感染症セットもしっかりラインナップされていた販売元3社に絞ってご紹介します。

クラミジア検査だけなら予想以上にお求めやすい金額ですので是非お試し下さい!

ふじメディカルのココがおすすめ

ふじメディカルは委託検査ではなく自社ラボで検査を行います。つまり検体が届き次第すぐに検査に取り掛かることができるため最短2日以内に結果がわかります。もちろん検査費用も業界最安値!

クラミジア検査 3,300円(簡易書留は3,600円)
クラミジア・淋菌セット 5,000円(簡易書留は5,300円)
性器・咽頭セット  8,000円(簡易書留は8,300円))※淋菌・咽頭淋菌もふくむ
日数 最短2日で配送(検査結果まで1週間前後)
確認方法 スマホ・パソコンのWEB・メール

▶▶他の商品も詳しく見る

GME医学検査研究所のココがおすすめ

できる限り安く検査を利用したい方は、簡易な包装材のローコストタイプを選ぶことで比較的お手頃な価格で検査できますよ。 検査項目も豊富でプライバシー保護もバッチリです!

クラミジア検査 3,450円(標準パッケージは4,520円)
クラミジア・淋菌セット 5,190円(標準パッケージは6,170円)
性器・咽頭セット 10,330円(標準パッケージは11,310円)※淋菌・咽頭淋菌もふくむ
日数 最短翌日配送(検査結果まで1週間前後)
確認方法 スマホ・パソコンのWEB・メール

▶▶他の商品も詳しく見る

STDチェッカーのココがおすすめ

日本で初めて「郵送検査キット」としてパッケージ製品化を行ったのがこちらのSTDチェッカーさん。
プライバシーを徹底的に重視した匿名検査の仕組みが人気です!
コールセンター対応などアフターフォロー面に定評あり

クラミジア検査 4,860円
クラミジア・淋菌セット 5,940円
性器・咽頭セット 9,936円 ※淋菌・咽頭淋菌もふくむ
日数 最短翌日配送(検査結果まで1週間前後)
確認方法 パソコンのWEB・メール

▶▶他の商品も詳しく見る

まとめ

以上、過去に性病経験のある方なら一度はお世話になったであろう、クラミジア検査キットの特徴や病院での検査と比較したメリット、さらにクラミジア検査に限定して最安な検査キットをランキング形式でご紹介しました。

単純に金額差で選ぶもよし。各販売元さんの公式ページをご覧になり金額以外のコダワリの部分で選ぶもよし。いずれにせよ、症状がでなくても水面下で進んでいるケースも多いため、1日も早い段階で一度クラミジア検査を試されることをおすすめします。

今回は以上となります!