【カンジダが痒い!!】フルコナゾールで2週間かけて治療した女性のカンジダ体験談

みんなの性病体験談

先日、陰部の痒みと大量のおりもの!! 浮気だと告げずに彼氏とカンジダ治療した女性の体験談という記事をアップしたところ、かなり多くの方に読まれ、『そうそう!』とか『自分もまったく一緒!!』などコメントも多数いただきました。

そんな中、当ブログご覧のユーザーさんから膣カンジダに関する新たな体験談が届きましたので、今回はそちらのカンジダ体験談をご紹介したします。

交際していない男性との一夜限りの行為が原因かも……!!

という今回の女性。どのように発覚しどう対処したのか詳しくみていきます。

 病院にくらべ低価格・誰にもバレずに感染を確認するならセルフチェックが最適。たぶん大丈夫という方も念のため簡易検査キットで確認しておけば安心ですよ♪

▶▶低価格な検査キットの比較ページをみる

白いおりものがぼろぼろと…!! 薬局の薬では治せなかった膣カンジダ体験談

福島県に住む20代後半女性です。

私は3年前に膣カンジダ症に感染しました。
はっきりした原因は分かっていませんが、当時付き合ってはいませんがいい感じの雰囲気の男性と一夜を過ごしたことがありました。
それ以降彼と連絡が取れなくなり、本格的に交際をすることはありませんでした。

その日から何だか陰部辺りに痒みを感じるようになりました。
そして今までなかった白いおりものがぼろぼろ出てきてこれはおかしいと思い、インターネットで調べてみると膣カンジダ症ではないかと考えました。

いきなり病院に行く勇気がなかったので、何とか薬局で薬を買って治せるか調べましたが、病院に行く以外チェックする方法が見つからなかった為、病院に行くことにしました。

お医者様の診断ではやはり膣カンジダ症でした。
正直かなりショックでしたが、薬を飲んで、膣をあまり洗いすぎないようにしていれば1、2週間で治ると言われ、安心しました。

薬は、フルコナゾールという殺菌効果のある薬を1日1錠服用し、お風呂に入る時はボディソープを使わずなるべくお湯で膣を洗い流すようにしていたら2週間弱で症状が無くなりました。

お医者様が言うには、性病は誰がなってもおかしくない病気だと言っていました。
なので、少しでもおかしいと思ったらすぐに病院に行けば治るのも早いし、気をつけようという気持ちが強くなります。
性病は何にも恥ずかしくないので、病院に行きましょう。

2週間程度で症状が無くなったとのことですが、でもお伝えしたように、体調不良のタイミングや生理中など些細なきっかけで再発しやすい性病ですので今後も体調管理やストレス管理も油断しないようにしてくださいね!!

というワケで次項では膣カンジダの症状や感染経路、膣カンジダの再発防止をご紹介したします。

【要注意】膣カンジダ感染率…女性の5人に1人!!

当ブログ恒例『みんなの性病体験談』において、国内でもっとも感染者の多い性病であるクラミジアとならび、登場回数で一二を争う性病といえば膣カンジダ(カンジダ膣炎)です。

上記の小林製薬さんの調査では、なんと成人女性の5人に1人がカンジダ膣炎を経験、さらに一度感染された方の約7割が再発するとのこと。

女性にとっては、超メジャーな性病であるクラミジアより身近な性病であり、かつ一度感染すると高確率で再発する厄介な性病といえます。

陰部の痒みだけじゃない!! カンジダの症状

因みに女性がカンジダを発症すると

  • 膣および周辺の激しい痒み
  • 白い酒粕のようなおりもの、または粘度の高いおりもの
  • 膣のヒリヒリ感や灼熱感・過敏
  • 外陰部(びらびら)周辺の発疹
  • 排尿痛・排尿時の違和感
  • セックス時の痛み(性交痛)

というのが主な症状。自覚症状の少ない方もいますが、たいていの場合『陰部の痒み』と『おりもの異常』がセットで実感できます。

ただし『陰部の痒み』に関しては、【セックス無しで性病に!?】びらびらの痒みをともなう性病の種類と治療まとめにもある通り、カンジダ膣炎だけじゃなく、多くの性病の初期症状として共通しています。

例えば……

 性感染症の種類  痒みのレベル 特徴と危険度
カンジダ症 弱~強レベル(個人差がある)  痒みとともに白くポロポロとしたヨーグルトや豆腐のカスのようなおりものが増える
性器から肛門にかけての周辺で我慢できないほどの痒みのケースも
トリコモナス膣炎 中~強レベル  トリコモナスという原虫が陰部に感染して発症、膣炎や外陰炎を引き起こし、悪臭をともなうおりものと強い痒み
尖圭コンジローム 弱レベル  カリフラワー、鶏冠状の密集したイボをともなう、初期ならクリーム・軟膏、進行すると外科的切除
性器ヘルペス  痒み→痛みに移行  赤い水泡や潰瘍をともなう、持続感染のため、完治できないが1週間程度で症状がおさまる
 疥癬 強レベル  ヒゼンダニによる感染症、主な症状は疥癬トンネル、赤いブツブツ
 毛じらみ症 強レベル  シラミの一種であるケジラミが感染、陰毛どうしの接触で感染する、セックス以外でも感染する

という具合に、痒みの強さや、陰部の痒み以外の症状などである程度は性病を絞り込むことも可能。また陰部の痒みだけが継続的に続き、おりものやも水泡などない場合は、ケジラミ等の可能性もあります。

【陰部に白っぽい虫が!!】二人揃ってケジラミに襲われた女性の性病体験談
性病の初期症状の中でも、発症すると誰でもすぐに実感できるのが陰部の痒み。 当ブログでも陰部の痒みについては、【女性のあそこが痒い!】おりもの、ニオイ、痛みや腫れ!性病を特定しよう!、そして【チンコ(ちんちん)痒い!】痛み、腫れ、膿、痒...

おりものが白い・酒粕、カッテージチーズ風だと高確率でカンジダ!!

また陰部の痒み以外の症状としてカンジダ膣炎に特長的なのは……

カンジダの主な症状
典型的な症状は、外陰部のかゆみとおりものの変化です。
かゆみは非常に強く、時に疼痛(ずきずきする痛み)を感じることもあります。おりものは白く濁り、酒かす、粥、ヨーグルト、カッテージチーズなどと表現される独特の性状を示します。
出典 フェミニーナ

という具合で、今回の体験談の方のごとく『白くボロボロした状態』というパターンは高確率でカンジダ膣炎を疑ってみてください。

ただし検査せずカンジダ膣炎と決めつけは危険!!

とはいえ、いくらカンジダ膣炎の症状とピッタリだとしても最終的にはラボで検体をし調べてみないことにはカンジダ膣炎とは判断できません。よく似た症状の……

  • トリコモナス膣炎
  • 性器ヘルペス
  • 細菌性膣症

というパターンもあり、当然ながら膣カンジダとこれらの性病では治療方法も治療期間も違ってきます。高確率で膣カンジダが疑わしい時でもかならず簡易検査などでご確認ください。

 病院にくらべ低価格・誰にもバレずに感染を確認するならセルフチェックが最適。たぶん大丈夫という方も念のため簡易検査キットで確認しておけば安心ですよ♪

▶▶低価格な検査キットの比較ページをみる

感染経路が他の性病とは違い複雑な膣カンジダ

また膣カンジダが他の主要な性病と大きく違う点。それは膣炎を引き起こすカンジダ真菌は感染せずとも最初から体内に存在している点。

普段の腟内は、乳酸菌によって酸性に保たれているため、繁殖しにくくバランスの取れた環境になっています。
しかし、妊娠や出産、抗生物質の使用などで常在菌のバランスが崩れたり、糖尿病、疲労、ストレスなどで免疫力が低下したり、高温多湿な環境などで、カンジダ菌は異常増殖してしまいます。

引用 小林製薬 膣カンジダについて

というように、妊娠や出産、抗生物質の使用、糖尿病、過労、過剰なストレスが引き金となって免疫機能が低下し、膣内の細菌のバランスが崩れたことで発症します。

つまりセックス以外が発症の原因というパターンが多いという意味では、他の性病とは微妙にタイプが違います。

再発しやすいカンジダを発症させないポイント

もしカンジダが発症した場合、今回の体験談のように抗真菌薬を用いて外陰部や膣内を清潔(とはいえ洗い過ぎは×)に保つことで2週間もあれば改善されます。

ただ70%が再発するように、重要なのは再発させないこと。そもそも膣カンジダは

  • 寝不足や過労といった免疫力の低下
  • 抗生物質の使用
  • ステロイドの使用
  • 糖尿病
  • 生理の前後などのホルモンバランスの変化
  • ガードル、ストッキング等通気性が悪く締め付けの強い下着の着用
  • 妊娠

という環境だと再発しやすいため、最低限上記の項目は徹底しておきましょう。
また最悪それでも膣カンジダが再発した場合……

  • 発症中は挿入をともなうセックスはもちろん、フェラやクンニもNG
  • 膣カンジダが落ち着くまで自分専用のタオルを
  • 外陰部の痒みが強いからといって掻き崩さないこと
  • 入浴時に外陰部を石鹸でゴシゴシと強く洗いすぎないこと(ぬるま湯だけ)
  • おりものシートはコマメに交換
  • タイツやストッキングは避ける

症状が引くまでは上記のポイントも注意しておきましょう。当ブログでも他にも膣カンジダの体験談を掲載しています。さらに詳しく知りたい方はそちらもご覧ください。

【疲労・過労で性病に!!】カンジダ感染⇒性器ヘルペスも発症した女性の性病体験談
数ある性病の中には、適切な治療でしっかり完治できるものもあれば、体内に潜み続けて体調が悪く免疫機能が低下したタイミングで再発するものもあります。 そんな再発タイプの中でも若い男女のセックスで感染しやすいのが…… 性器ヘル...

まとめ

体験談の最後にも

少しでもおかしいと思ったらすぐに病院に行けば治るのも早いし、気をつけようという気持ちが強くなります。
性病は何にも恥ずかしくないので、病院に行きましょう。

とアドバイスをされているように、性病は誰でも感染する病気で何も恥ずかしい病気ではありません。また早期に適切な治療を行えば2週間程度で治るものが大半です。

悩んでいる間にも刻一刻と症状は悪化します。『あれっ!?』と思ったら早めのタイミングで確認しておきましょう!

 病院にくらべ低価格・誰にもバレずに感染を確認するならセルフチェックが最適。たぶん大丈夫という方も念のため簡易検査キットで確認しておけば安心ですよ♪

▶▶低価格な検査キットの比較ページをみる