【女性のあそこが痒い!】おりもの、ニオイ、痛みや腫れ!性病を特定しよう!

症状からみる性病

女性なら誰もが一度は経験したことがあるデリケートゾーンの痒み!

そもそも女性のデリケートゾーンは毎日のトイレや生理、セックス、下着による締め付けなど、酷使されているだけに、非常にダメージの受けやすい部分。たいていはおりものが増えたことで雑菌が繁殖、または通気性の悪い下着やストッキングなどが原因です。

しかしながら!!!
たとえばアナタが…

  • 不特定多数のセフレ(セックス・パートナー)がいる
  • 飲んだ勢いから、行きずりの男性とヤることがある
  • パートナー(セフレ)が頻繁に変わる
  • 基本ゴム無しでもピル飲んでるからオッケー!
  • アナルセックスなど出血するようなセックスもたまにする

以上の項目の1つでも当てはまる場合、単なるデリケートゾーンの痒みでなく性病(性感染症)を原因とした痒みの可能性を疑ってた方がいいかもしれません。

当記事では、そんなあそこの痒みが尋常じゃない方にデリケートゾーンの痒みを徹底解説!!

しっかり読んで、アナタのデリケートゾーン痒みが日常生活で普通に起こりうる痒みなのか、それとも性病に由来する痒みなのかをハッキリさせてみましょう。

万一、性病の可能性がある場合、いきなり性病科クリニックも厳しいようなら自宅で実施できる検査キットでもかまいません。とりあえず一刻も早く感染の有無を知っておきましょう。

不安なときこそ早めの検査を!!
匿名で好きな時間に誰とも会わずに…注文から検査結果までのすべてがスマホで完結できます!

チェック 性病検査キットを徹底比較した結果、コスパ最強はここだった!!

これって性病!? デリケートゾーンの痒みなら問題ないけれど…

 
デリケートゾーンが痒いのは、女性にとってある意味、当たり前のこと。多少の痒みで不安に感じる女性の方が逆に珍しいかと。

 

痒みの原因の多くは、おりものの量が増えたことでデリケートゾーンが湿った状態になり、雑菌が繁殖した、または下着の種類による接触性皮膚炎など。

 

とくに蒸れやすい夏場にもかかわらず、通気性の悪い通気性の悪い化繊の下着、締め付けのキツい下着を着用していることも大きな原因のひとつ。

 

というわけで!

できれば敏感肌の方は綿100の下着をおすすめします。

 

また生理中のナプキンやおりものシート等、最近は通気性の高い商品・肌触りのよい商品も増えたものの、やはりコマメに交換しないとかぶれによって痒みを引き起こすことも。早めの交換を!

 

通常、これらの日常のケアでデリケートゾーンの痒みは克服できますが、それでもあそこ痒みが収まらない・・・という場合、念のため性病(性感染症)という線も疑ってみた方がいいかもしれません。

性病が原因であそこ(まんこ)が痒い場合、日常のケアでは治らない!

 
性病(性感染症)によっても痒みの度合いや痒みの生じる部位、痒み以外にもあらわれる症状はさまざま。

 

ただ性病による痒みの場合、共通しているのは日常生活でのデリケートゾーンの痒みと違い、何らかの治療を行わないかぎり、完治しないということ!

 

つまり自然に痒みが消えたり、症状が改善されるという希望的観測はお捨てください。

以下に女性のあそこの痒みと関係の深い性病(性感染症)を、痒みのレベルごとに一覧にしてみました。ご自分のあそこの痒みの度合いと照らし合わせてみてください。

女性のあそこの痒みの度合いと疑わしい疾患一覧

性感染症の種類 痒みのレベル 特徴と危険度
カンジダ症 弱~強レベル(個人差がある) 痒みとともに白くポロポロとしたヨーグルトや豆腐のカスのようなおりものが増える

性器から肛門にかけての周辺で我慢できないほどの痒みのケースも

トリコモナス膣炎 中~強レベル トリコモナスという原虫が陰部に感染して発症、膣炎や外陰炎を引き起こし、悪臭をともなうおりものと強い痒み
尖圭コンジローム 弱レベル カリフラワー、鶏冠状の密集したイボをともなう、初期ならクリーム・軟膏、進行すると外科的切除
性器ヘルペス 痒み→痛みに移行 赤い水泡や潰瘍をともなう、持続感染のため、完治できないが1週間程度で症状がおさまる
疥癬 強レベル ヒゼンダニによる感染症、主な症状は疥癬トンネル、赤いブツブツ
毛じらみ症 強レベル シラミの一種であるケジラミが感染、陰毛どうしの接触で感染する、セックス以外でも感染する

もちろんあそこ(マンコ)の痒みをともなう性病(性感染症)は他にもあります。

 

とくに淋菌感染症などもあそこが痒くて発覚される方もいます。

ただ淋菌感染症の場合、女性の約8割には自覚症状がみられない・・・というデータもあるため、敢えて掲載していません。

自己診断で治療を行うと痒みがおさまるどころか大変なことに・・・

いずれにせよ、一定期間、あそこの痒みがおさまらない場合、いつものデリケートゾーンの痒みとも微妙に違う・・・という場合、念のため早期にSTD検査を受けてみる方がいいでしょう。

 

細菌性とウイルス性の感染症かで治療方針も違います。自己判断で勝手に軟膏や内服薬を服用すれば、改善どころか確実に悪化します。

 

なにはともあれ、感染の有無と疑わしい性病を特定する意味でも最優先で検査をおすすめしておきます。

【発表!!】ネットで購入して自宅で検査できる性病検査キットを比較した結果……
当記事をご覧になっているアナタはもしかすると こんな状況で、今すぐ性病かどうかハッキリさせたいと考えていましたね! 当記事ではそんな性病が不安なアナタがお探しの、自宅で簡単に確認できちゃう性病検査キットの中でもコスパの高...

女性のあそこが痒い!他の症状から疾患を予想する!

 
たしかに性病(性感染症)からくるデリケートゾーンの痒みの場合、真っ先に受けておきたい性病検査ですが、痒みという症状だけでは疑わしい性病が絞りきれないのも事実。

 

とくにコスパのよい郵送タイプの簡易検査キットでこっそりと検査しようって女性の場合、検査項目が多すぎて、無駄に費用もかさむ上、検体の採取も大変な手間になってきます。

そこであそこの痒み以外の症状から、ある程度、性病(性感染症)を絞り込んでみることをおすすめします。

 

もちろん絞り込みすぎて肝心な性病を見落としては本末転倒・・・できれば漏れのないよう最低でも2~3項目程度は受けておくといいですよ!

痒み以外の自覚症状からみる疑わしい性病(性感染症)

痒み以外の自覚症状 疑わしい性感染症
おりものの増加・下腹部痛 性器クラミジア感染症

淋菌感染症

悪臭の強い泡状のおりもの 膣トリコモナス症
チーズ・ヨーグルト状のおりもの 膣カンジダ
強い痛みによる排尿困難 膣トリコモナス症

性器カンジダ症

性器ヘルペス

性交時の違和感・痛み 性器クラミジア感染症

膣トリコモナス症

性器カンジダ症

陰毛部に集中した強い痒み ケジラミ症
鼠蹊部(太もも付け根)のリンパ節の腫れ 梅毒

性器ヘルペス

軟性下疳

性器や肛門周辺にカリフラワー、鶏冠状のイボが密集 尖圭コンジローマ(ヒトパピローマウイルス)
性器周辺~肛門周辺に水泡や潰瘍 性器ヘルペス

痒みと痛みや腫れ、ただれ

痒み~徐々に痛みにかわる、あそこの状態が腫れ、ただれも確認できる、こんな場合、細菌性の性病(性感染症)という可能性が疑われます。

 

主要な性病(性感染症)の中では膣カンジダ症やトリコモナス膣炎が疑わしい疾患。またバルトリン腺嚢胞、バルトリン腺炎、バルトリン腺膿瘍というケースも。

中でも女性の約2割が経験するという性感染症の膣カンジダ症を真っ先に疑ってみましょう。

ちなみに膣カンジダ症については以下のページでもお伝えしていますが、常在菌であるカンジダ真菌を原因とした性感染症で抗生物質で治療し、普段から免疫力を低下させないよう体調管理を行えば発症をおさえることは可能です。

 

またトリコモナス膣炎の特徴や治療法は以下の通り。各ページで詳しく解説しているので疑わしい場合はご覧ください。

【トリコモナス膣炎の症状】膣が痒い、おりものが臭い!初期症状と感染経路まとめ
当ページをご覧になっている……ということは、 こんな感じで、膣の痒みやおりもののニオイが気になってトリコモナス膣炎についてネットで調べまくってましたね? 膣トリコモナス症はクラミジアや淋病、膣カンジダ等とくらべて少々マイ...

痒みとイボやできもの

痒みのでている患部付近にブツブツや水疱、イボ、できもの等がみられる場合、

先ほどのバルトリン腺嚢胞、バルトリン腺炎の他にも、尖圭コンジローマ、性器ヘルペスという疑いもあります。

 

性器ヘルペスは性器クラミジア感染症、淋菌感染症に次いで感染者の多い性病(性感染症)。初期はあそこの周辺の皮膚に違和感や灼熱感、痒みをともないます。

 

その後、ブツブツは水疱、潰瘍と進行し破けて激しい痛みをともないます。こちらのページでもお伝えしていますが、単純ヘルペスウイルスが性器、または口唇に感染することで発症します。

性器ヘルペスの症状と特徴

感染経路 セックス、オーラル以外、アナルや尿を使うプレイも可能性あり
特徴 いったん感染した場合、ヘルペスウイルスは体内に棲み続け、過労や生理、セックス等のきっかけで再発する
潜伏期間 3日~7日間
症状 陰茎、亀頭に水疱~潰瘍、女性の場合は外陰に水疱、破れると激しい痛みで発熱や排尿痛も
治療法と治療期間 抗ヘルペスウイルス薬の飲み薬や塗り薬によって1~3週間程度で症状がおさまる(症状がおさまるだけで持続感染はしています)

また持続感染タイプのヘルペスウイルスは、症状がおさまっても完治するわけではありません。体内に潜んで免疫力が低下して暴れだすチャンスを伺っているのです。

性交渉の際にオーラルセックスを行うカップルは特に若い世代に多く、調査の結果では7割以上で行われており、その際にコンドームを使用するのは2割程度という調査報告があります。

引用 厚生労働省 オーラルセックス(口腔性交)による性感染症に関するQ&A

このように最近では、若い年代のセックスでフェラやクンニを行う割合がじつに7割程度、その中の2割しかコンドームを着用していない・・・という厚生労働省の報告もあります。

 

まさにヘルペスウイルスにとって好都合ですね。

 

性器ヘルペスの男性にフェラする口唇ヘルペスが発症している男性からクンニをうける・・・こういったセックスで感染者が増加の一途をたどっています。

【ちんちん・膣にブツブツや水ぶくれ】性器ヘルペスの症状や感染経路と治療手順
わざわざ当記事をみてくれているということは恐らく…… ちんちん(またはビラビラ周辺)に赤いブツブツや水ぶくれができて痛痒い! 単なるデリケートゾーンのかぶれ、皮膚炎とは違う…もしかしたら性病? など突然あらわれたちんち...

また尖圭コンジローマは、性器~肛門にかけて鶏のトサカやカリフラワーのような薄茶色のイボが集中してできる性病(性感染症)で、他の性病にくらべ潜伏期間が3~6ヶ月と長いのが特徴。

尖圭コンジローマの症状と特徴

感染経路 感染者とのセックスにより、性器のイボからウイルスが微細な傷や粘膜を介して体内に侵入
特徴 性器周辺にとがったイボが密集してできる
潜伏期間 3週間~半年
症状 性器~肛門にかけて鶏のトサカやカリフラワーのような薄茶色のイボが集中してできる
治療法と治療期間 外科的治療や薬物塗布。

ベセルナクリーム等、軟膏の場合だと8~16週間程度

切除、電気 焼灼、液体窒素による凍結療法、CO2レーザー蒸散などの外科的切除の場合も、再発のリスクを考えても術後3ヶ月は経過をみる必要あり

痒みと臭い

単純に焼肉や餃子、にんにく料理などニオイの原因となる食べ物を多く摂る、また普段から運動習慣の無い、発汗量の少ない女性が汗をかく、単に生理中ということで痒みとニオイが強くなるケースも・・・。

これらの場合、デリケートゾーンを清潔に保ち、時間が経過することであそこの痒みとニオイは改善されます。

 

ただおりものを原因とした悪臭の場合、トリコモナス膣炎という可能性も少なからずあるのでご確認ください

 

トリコモナス膣炎は原虫が体内に侵入することで感染するセックス以外の感染経路をもつ厄介な性病(性感染症)。個人差はあるものの、あそこに激しい痒みを感じる方も。

 

こちらでお伝えしているように、疑わしい相手とのセックス、疑わしいプレーも無い・・・という女性であそこの痒みと悪臭があればまずトリコモナスを疑ってみてください。

【性病エッチしてない】セックスなしでもお風呂、トイレから感染する性病まとめ
『性病はセックスまたはオーラルセックスで感染るもの』と誤解されがちですが、じつはセックス無しでも性病に感染するケースは普通にあります。 それについては以前にも【キスやディープキスだけで性病!? 】口から口に感染する性感染症まとめ、【手...

 

また、日常生活、性病(性感染症)でもない痒みとニオイの場合、そもそもアポクリン腺からの発汗が原因であるすそわきがというケースも。

 

体質的な問題なので簡単に克服できるものでもありませんが、ワキガ治療に強いクリニックや医院である程度の治療が可能です。気になる方は相談してみるのも手です。

他に症状は無い!とにかく猛烈に激しい痒み!

性病(性感染症)によって痒みの度合いは様々ですが、もし我慢できないほどの猛烈な痒み!という場合、ケジラミという線も視野にいれておくべきでしょう。

 

デリケートゾーンの陰毛の毛根に寄生するケジラミは、他の性病(性感染症)と比較しても強い痒みをともなうため、とくに陰毛の周囲に痒みが集中している場合、クラミジアやトリコモナスなどよりもケジラミが濃厚です。

 

基本、セックスでは陰毛同士の接触によって感染しますので、風俗での素股プレイでも感染のリスクはあるということ。

 

またタオルや布団、衣服等でも感染するケースもあるため、感染の可能性のある方と共有しないことが予防において肝心です。

まずは日常生活を見直して清潔に!痒みが収まらない時は検査を!

 
そもそも女性のデリケートゾーンは男性にくらべ尿道~膣~肛門の位置関係が近く、構造的にも雑菌が繁殖しやすく痒みがでやすい部位!

 

とくに男性とは違い、尿道も短い女性の場合、簡単に細菌が膀胱へ侵入します。いくら日常のケアで注意しても体調ひとつでデリケートゾーンの状態も変わってくるもの。

できるだけ生理中のナプキンやおりものシートはコマメに交換、排尿や排便時の拭き方にも注意しておきましょう。

 

また細菌やウイルスに感染しやすいのは免疫力が低下している状態・・・しっかりと食事や睡眠に注意して基礎代謝を上げて免疫力をアップさせてください!

 

またカンジダ膣炎など常在菌による症状の場合、いくら清潔に保つからといって激しく洗ったり頻繁に洗いすぎると常在菌のバランスが崩れてより発症しやすい状態に・・・優しくデリケートゾーン用の石鹸とうで洗っておきましょう。

性病だと日常のケアでは治らない!

これらの部分に注意しても痒みが収まらない。そんな場合は素直に性病(性感染症)という可能性も疑ってみてください。

 

不特定多数の男性と怪しいプレーを行っていなくとも、大好きなパートナーと普通のセックスをしているだけでも感染する時は簡単に感染します。

 

中には挿入やフェラなし、ただのディープキス程度でも感染する性病(性感染症)は幾つもあります。

 

残念ながら性病(性感染症)による痒みとなると、清潔に保って体調管理しているだけでは根本的に完治しません。

 

まずは性病(性感染症)を特定し、1日も早く治療をスタートするのが快適なセックスライフへの近道だと思いますよ!

誰にも相談できない・・・という場合、まずはこっそりと検査を!

悩みの内容がデリケートゾーンの問題だけに、パートナーに相談できないという女性なら、こっそりと内緒で検査を行ってみましょう。

陰性なら伝える必要はありませんし、万一、結果が陽性だった場合、パートナーから感染した可能性もふくめて相談してください。

【誰にもバレない性病検査】奥さんや旦那、親にバレにくい性病検査比較した結果
『排尿時の痛みや違和感、膣や亀頭、陰嚢の強烈な痒み…こ、これは性病に違いない!』 と性病の症状がみられるものの 万が一、病院やクリニックで知り合いに会ってしまい性病なのがバレてしまったら… 保険適用の性病検査など行...

彼氏(旦那)も感染している可能性も高いので、その際は検査と治療が必要となります。

性病(性感染症)=怖い病気

というイメージを持たれる女性が多いようですが、一部の深刻な性病(性感染症)をのぞき、ほとんどは1週間~数週間で完治できます。ご安心ください。

少しでも早期に治療を開始した方が治療期間も短く治療費も安く済みます。まずは当ページを参考に疑わしい性病を検査してみてくださいね!