【精力つける・精力あげる】落ち込んだ勃起力を最短で回復させる3つの手順

彼女や奥さんと盛り上がってベッドになだれこんだものの

  • フル勃起しない……どころかチンポの硬さが7~8割程度
  • イチャイチャしているのは楽しいんだが、いざ裸になるとセックスに集中できない

こんな挿入前の勃起力の低下や挿入時の中折れをどうにかしようと、ネットで検索しまくっていませんでしたか?

そんな落ち込んだ勃起力に悩む男性にむけ、このページでは、最短で精力を上げる・精力をつける方法を片っ端から調べてまとめてみました。

結論からいいますと、最短でギンギンに勃起させたいなら、最低限、当ページで絞り込んだ3項目だけでも見直してみる価値はあるかと思います。

早速みていきましょう!

落ち込んだ勃起力・中折れの原因を分析する

何はともあれ、勃起力が落ちた・挿入中に中折れを頻発してしまう……こういった場合、勃起力が落ちた原因を探ることが、まず最初のステップ!

まずは自分の体がどんな状態で、いつ頃から勃起力が落ちたのか? 勃起を阻害している要素は何なのか?

このへんをハッキリさせることが肝心となります。

もちろん原因を究明するためにも、大前提として勃起の仕組みやメカニズムを理解しておくことも重要になります。

なぜ勃たない!!勃起の仕組みとメカニズム

単純にみえる【勃起しない】という状態……じつは自分が考えているより複雑でして、たいていは複数の原因が関係しています。

ちなみに勃起の仕組みは以下のイラストをご覧下さい。

わかりやすく言えば、彼女や奥さんとHなシチュエーションになって興奮はするものの、

  1. 上手く勃起中枢に伝達できない
  2. 勃起の指令はでたものの、陰茎の海綿体に血液が行き届かない
  3. 血液はチンポに届いたものの、海綿体に溜め込んで維持できない

こういった様々な原因が考えられるでしょう。

まず糖尿病や高血圧といった、何らかの疾患が原因となって勃起力が落ちた場合もあり、この場合は根本的な疾患そのものを治療無しでは勃起力の回復はのぞめません。

勃起力の低下を感じた時期に、他の疾患の症状も実感していた場合、自分でどうこうせず専門の医師に相談するのが先決です。

一方、生活習慣や精神的な部分が原因となって、勃起を阻害しているパターンも多く、これらの場合、生活習慣病の見直しや食事内容の見直しで改善できるケースも多いです。

当ページでは以下、こちらのパターンについて紹介し、それぞれ精力をつける・精力をあげる方法を提案します。

不安やストレス!精神的なプレッシャーにより自律神経が乱れ勃起できない!

40~50代の勃起力の低下と違い、20代後半~30代の男性に多い勃起力の低下や精力減退だったら最初に疑うべきは精神的な勃起不全!

血管の流れや呼吸など、無意識にカラダが行う生命活動を司る自律神経が、ストレスや不安、精神的なプレッシャーによって乱れ神経伝達や血行不良を起こし勃起できない……。かなり多いんです。

この場合、食生活の見直しや運動習慣などにより、バッチリ質のよい睡眠につながって改善することもありますが、何より大切なのは原因となる不安やストレスを解消すること!

不安やストレスと上手く向き合うことで勃起しやすく!

とはいえ、年齢や生まれ持った性格、職場の環境、家族やパートナーもそれぞれ違います。すべての不安やストレスを解消するのはとうてい無理……。

そこで不安やストレスを無理に解消しようとせず、ある程度は受け入れつつ、上手く付き合っていくのがベターといえるでしょう。

溜め込まずに、頻繁にガス抜きする感じで不安やストレスを発散する!

適度に不安やストレスが発散されれば、自然と自律神経が整って勃起中枢に上手く信号が伝達され、血行も改善され勃起しやすくなるはずですよ。

中には勃起力が落ちたこと・挿入中に中折れすることが、不安やストレスの原因になっている男性も意外に多いようです。

『今日も勃起できなかったらどうしよう』という不安がさらなる勃起力の低下を招いている状態ですね。

こんな場合、大切なのはギンギンに勃起させてパートナーをフィニッシュさせたという成功体験。

そのためには、期間限定で精力アップ・サプリメントでスムーズに勃起させて成功体験を積み重ねるのもオススメです。

セックスに対する自信がつけば、自律神経もしだいに整い始め精力もアップするはずですよ。

これ勃ちますっ!元気のなかった僕がビンビンに勃起したコスパのいい精力剤まとめ
当ページをご覧になっているということは、すでに勃起について悩んだ末に精力剤、精力アップサプリメントが気になっている! そして 『どん...

下半身の筋力低下により勃起を維持できない!

  • 性欲はある!
  • 若くてセクシーな女性をむるとムラムラくる!

そんな性欲はじゅうぶんにあるにもかかわらず、セックスが始まると勃起力を維持できない男性……もしかするとこちらの下半身の筋力低下が原因で勃起力が低下しているかもしれません。

皆さんは下半身の中でも骨盤底筋群やPC筋という筋肉をご存知ですか?

わかりやすくいうと、排尿時にキュッと動かす玉袋~肛門のあたりに位置するこれらの筋肉、このへんの筋肉群が衰えることで勃起時の溜め込んだ血流を塞き止めることができなくなり勃起の持続が困難になるんです!

こちらのページでも詳しく解説してますが、全身運動はもちろん、とくに下半身を中心としたスクワットをコマメに行い精力をつけておきましょう!

男性ホルモンが減少してテストステロン不足で性欲がない!

上記の2つとは違い、勃起しない問題以前に『そもそも性欲が無い!』『興奮しない!』こんな場合はちょっと状況がかわってきます。

単純に妻だけに興奮しない…いわゆる妻だけEDという男性なら、奥さまや彼女さんとのセックスのプレイ・スタイルやシチュエーションを見直すことで復活することもありますが、

『誰にも興奮しない!』『そもそもセックスが面倒くさい』

こんな場合、男性ホルモンが減少してテストステロン不足で性欲が減少しているケースを疑ってみた方がいいでしょう。

そもそも男性の基本的な性欲……『ヤリたい!』という気持ちは、男性ホルモンであるテストステロンが深く関係しています。

ちなみにテストステロンは19~20歳をピークにゆっくりと分泌量が減り始め、30代後半~40代となれば、だいぶ分泌量が減ってきます。

こちらのグラフのように、男性の40代あたりは人生の中でもテストステロン量がガクンと減る時期……体力的にも疲れが出始める時期もあり性欲が急激に減る人も多いんです。

もちろん

テストステロンの分泌量が減った→性欲が無くなる

と単純な問題でもありませんが、勃起力低下の大きな要因という部分はまず間違いないといえるでしょう。

性欲があるけれど勃起しない男性も深刻ですが、勃起しない上に性欲も無い……こんな男性は女性にも大きなショックを与えるうえにセックスレスに発展する可能性、大!

テストステロン量をアップさせる食生活の見直し、必要であれ便宜、精力剤や精力アップ・サプリ等も積極的に利用して精力を上げておきましょう!

食生活から勃起させたい人は以下のページも参考にどうぞ!

【精力アップの食べ物】勃起に効く3つの栄養素と精力アップ食材10選
当ページでは勃起力の低下、フル勃起してもぎんぎんに勃たない、挿入しても中折れしてしまう……こんな男性にむけて、精力アップ効果のある食べ物、栄養成分、食材を提案して特徴を解説しています

まとめ

以上、勃起力が落ち込んだ男性にむけ、勃起しにくくなった理由や、パターン別の精力をつける・精力をあげる手順を解説してきました。

大切なポイントとしては、体調不良や何らかの病気という可能性よりも

今の仕事の環境や家庭の状況、生活習慣が大きく勃起力に影響を与えている…

というケースが思いの外多いという事実。

まずはこの部分を見直し、根本的な解決方法を探し出す作業が最優先といえるでしょう。

またもう一ついえることは、上記のような理由で勃起しない場合、原因を探って生活習慣を見直しても、それなりの期間を有するということ。

数ヶ月……ときには半年、1年という回復期間が必要になってくるでしょう。

もちろんセックスレスやパートナーとの関係を保つため、期間限定で精力アップ・サプリを利用して勃起しやくするという選択肢もあり。

僕も勃起できない期間、こういった精力アップ・サプリのお世話になってました(笑)けっこうイイ感じに勃つので試しに1週間くらい摂取すると驚きますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする